本文へメニューへフッタへ
富士川町民図書館
本文をスキップする

行事案内

新着図書

新しく受け入れた本から無作為に5件表示しています。

さくらがさくと
著者:
とうごう/なりさ∥さく
出版者:
福音館書店
出版年:
2020.2
駅に向かう人々が足早に通り過ぎる川沿いの並木道。しかし、今日の朝はいつもとちょっとちがう。美しく咲いた桜並木を見上げ、人々は思わず足を止め…。3月から4月まで、自然と人間が繰り広げるささやかな光景を描く。
道子の草文
著者:
石牟礼/道子∥著
出版者:
平凡社
出版年:
2020.2
10代から20代までの鋭敏かつ凶暴なまでの瑞々しい感性が横溢する未発表短編小説や日記から、「苦海浄土」の一部草稿、晩年の日常を書きとめた随筆まで、近年新たに発見された原稿を収録した石牟礼道子の遺文集。
かんばん娘 居酒屋ともえ繁盛記
著者:
志川/節子∥著
出版者:
KADOKAWA
出版年:
2020.1
菱垣廻船の水主だった父が行方知れずになり、神田花房町の居酒屋「ともえ」で働くことになった14歳のなずな。女将や板前の役に立ちたいなずなだが、お客のことに首を突っ込んでしまい…。『小説野性時代』掲載を単行本化。
かえるの天神さん
著者:
日野/十成∥文
出版者:
福音館書店
出版年:
2020.1
優れた学者のミチザネさんは、トキヒラ公の企みにより無実の罪をきせられ、太宰府へ追放されて死んでしまう。無念のミチザネさんは、このままではおさまらず…。「天神さん」の物語を、親しみやすいかえるの姿で楽しめる絵本。
どろんこハリー
著者:
ジーン・ジオン∥ぶん
出版者:
福音館書店
出版年:
1964.3
ハリーは、黒いぶちのある白いいぬです。なんでもすきだけど、おふろにはいることだけはだいきらいでした。ある日、おふろにお湯をいれる音がきこえてくると…。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
〒400-0501 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町338-8
電話番号: 0556-22-7212  FAX番号: 0556-22-5516 
休館日:

毎週月曜日・祝祭日 年末年始

開館時間:

午前:9時~12時
午後:1時~5時

Copyright © 2017 富士川町民図書館 All Rights Reserved.
ページの最初に戻る