本文へメニューへフッタへ
富士川町民図書館
本文をスキップする

お知らせ

  • お知らせ情報はありません。

行事案内

新着図書

新しく受け入れた本から無作為に5件表示しています。

ぼくときみの半径にだけ届く魔法
著者:
七月/隆文∥著
出版者:
幻冬舎
出版年:
2018.4
売れない若手カメラマンの仁は、窓辺に立つ美しい少女・陽を偶然撮影する。難病で家から出られない彼女に頼まれ、仁は様々な景色の写真を撮って届けることになる。それはふたりの人生が奇跡のように変わり始める瞬間だった-。
豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件
著者:
倉知/淳∥著
出版者:
実業之日本社
出版年:
2018.4
戦争末期、帝国陸軍の研究所で、若い兵士が倒れていた。屍体の周りには豆腐の欠片が。兵士は豆腐の角に頭をぶつけて死んだ様にしか見えなくて…。本格ミステリ全6編を収録した作品集。『ジェイ・ノベル』ほか掲載を単行本化。
さとやまさん
著者:
工藤/直子∥文
出版者:
アリス館
出版年:
2018.4
春夏秋冬の里山の風景、生き物、風、色形を、工藤直子の楽しい言葉と、今森光彦の美しい写真で紹介。里山を「さとやまさん」と擬人化し、人に親しい存在として語りかけます。「さとやまさん」の楽譜も掲載。
小萩のかんざし
著者:
北村/薫∥著
出版者:
文芸春秋
出版年:
2018.4
昭和8年、父は慶応義塾大学を卒業した。だが、不景気の波が押し寄せる時代に就職口はなく、経済の逼迫に苦しむ-。遺された日記を手がかりに綴る、文化薫る著者の父の評伝風小説、完結編。
祈りのカルテ
著者:
知念/実希人∥著
出版者:
KADOKAWA
出版年:
2018.3
内科、外科、小児科、救急科…。初期臨床研修で様々な科を回っている新米医師の諏訪野良太は、患者たちが抱える問題に耳を傾け、解決の糸口を懸命に探し…。連作医療ミステリ。『小説野性時代』掲載に加筆し単行本化。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
〒400-0501 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町338-8
電話番号: 0556-22-7212  FAX番号: 0556-22-5516 
休館日:

毎週月曜日・祝祭日 お盆 年末年始

開館時間:

午前:9時~12時
午後:1時~5時

Copyright © 2017 富士川町民図書館 All Rights Reserved.
ページの最初に戻る