本文へメニューへフッタへ
富士川町民図書館
本文をスキップする

行事案内

新着図書

新しく受け入れた本から無作為に5件表示しています。

さいごのゆうれい
著者:
斉藤/倫∥著
出版者:
福音館書店
出版年:
2021.4
<大幸福時代>の夏休み、田舎のおばあちゃんちに預けられた小5のぼくは、お盆の最初の日、小さなゆうれいに出会った。その子は、自分がゆうれいのさいごのひとりかもしれないと言い…。ゆうれいと過ごした4日間を描く。
むしゃむしゃたべたらおいしいぞ
著者:
みやにし/たつや∥作・絵
出版者:
鈴木出版
出版年:
2021.3
3匹のはらぺこオオカミたちが昼寝をしているところに、にわとりがやってきました。捕まえて、おいしくお料理して、「むしゃむしゃたべたらおいしいぞ」と、3匹はあれこれ考えますが…。
なごり雪
著者:
新堂/冬樹∥著
出版者:
KADOKAWA
出版年:
2021.3
スイスの湖畔で運命的に出会った、トップモデルの海斗とファッションライターの古都。似た者同士の2人は惹かれ合うが、海斗が事故で半身不随となってしまう。死を望む海斗と、生を望む古都。2人が選んだ「最愛」の結末は?
12歳の少女が見つけたお金のしくみ 小学6年生がやさしく解き明かした経済学の基
著者:
泉/美智子∥著
出版者:
宝島社
出版年:
2020.6
水、空気、命。身近なことをお金に換算したら、人の心と経済のつながりが見えてきた-。全国小・中学生作品コンクールで文部科学大臣奨励賞を受賞した小学6年生のレポートから生まれた、楽しく学べるお金の基本超入門書。
池波正太郎が残したかった「風景」
著者:
池波/正太郎∥ほか著
出版者:
新潮社
出版年:
2002.4
秋山小兵衛・大治郎親子が大活躍した場所、池波正太郎が愛してやまなかった江戸=東京の風景。十三回忌を機に、池波正太郎が愛したさまざまな「情景」を今一度ふりかえる。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
〒400-0501 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町338-8
電話番号: 0556-22-7212  FAX番号: 0556-22-5516 
休館日:

毎週月曜日・祝祭日 年末年始 特別整理期間

開館時間:

午前:9時~12時
午後:1時~5時

Copyright © 2017 富士川町民図書館 All Rights Reserved.
ページの最初に戻る