本文へメニューへフッタへ
富士川町民図書館
本文をスキップする

新着図書

新しく受け入れた本から無作為に5件表示しています。

青く塗りつぶせ
著者:
阿部/夏丸∥作
出版者:
ポプラ社
出版年:
2021.7
小さな島に暮らす小6のセイは、同級生のカイトが両親の残した借金の問題で、大人たちから自由を奪われそうになっているのを知る。ピンチを救おうと、同級生のミナミは海で集めたものや生きものをネットで売ることを提案し…。
氷柱の声
著者:
くどう/れいん∥著
出版者:
講談社
出版年:
2021.7
語れないと思っていたこと、言葉にできなかったこと-。東日本大震災が起きたとき盛岡の高校生だった伊智花の、それからの10年の時間をたどり、人びとの経験や思いを語る声を紡ぐ、著者初の小説。『群像』掲載を単行本化。
クモのアナンシ ジャマイカのむかしばなし
著者:
フィリップ・M.シャーロック∥再話
出版者:
岩波書店
出版年:
2021.6
アナンシは小さなクモ、ときどき人間。ずるがしこくて、食いしんぼう。知恵をつかって、自分よりはるかに強いトラやワニを手玉にとったり、イヌやネコをだましたり…。カリブの島々で語りつがれてきた楽しいお話。
しずかな夏休み
著者:
キム/ジヒョン∥作
出版者:
光村教育図書
出版年:
2021.6
ある夏、家族とともに田舎へ帰省した少年は、愛犬を連れて森に向かう。大木が生い茂った深い森を抜けると、その先には美しい湖が広がっていて…。茫洋たる静寂の世界を描いた、文字のない絵本。
ふしぎ駄菓子屋銭天堂 6
著者:
廣嶋/玲子∥作
出版者:
偕成社
出版年:
2016.6
その駄菓子屋は、幸せと不幸のわかれ道。女主人・紅子が、きょうもお客さんの運命を駄菓子で翻弄する-。「バランスラスク」「闇の中の鳥かご」など、駄菓子屋「銭天堂」を舞台にした不思議なお話、7編を収録。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
〒400-0501 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町338-8
電話番号: 0556-22-7212  FAX番号: 0556-22-5516 
休館日:

毎週月曜日・祝祭日 年末年始 特別整理期間

開館時間:

午前:9時~12時
午後:1時~5時

Copyright © 2017 富士川町民図書館 All Rights Reserved.
ページの最初に戻る