富士川町民図書館
カウンター  文字の大きさ  縮小  拡大  元の大きさ 
おしらせ   rss

行事案内

新着図書

(新着図書からランダムに5件表示しています。)
ライプツィヒの犬      
著者: 乾/緑郎‖著 出版者: 祥伝社 出版年: 2017.5
気鋭の劇作家内藤岳は、シェイクスピアの翻案作品で名を馳せた世界的劇作家ギジに師事するためドイツに渡る。だが、ギジは30年ぶりの新作とともに姿を消した。岳はギジの足跡を辿り、彼の経歴から消された闇を知ることに…。
ミステリ国の人々      
著者: 有栖川/有栖‖著 出版者: 日本経済新聞出版社 出版年: 2017.5
あの名探偵から、つい見逃してしまう存在まで、古今東西のミステリ小説に登場する52人を通して、作家・有栖川有栖がミステリの知られざる魅力と奥深さを綴る。『日本経済新聞』連載を単行本化。
おもちゃ絵芳藤      
著者: 谷津/矢車‖著 出版者: 文芸春秋 出版年: 2017.4
あたしは絵師だ。死ぬまで絵師だ。死んでも絵師だ−。江戸から明治への転換期。歌川国芳の弟子たちが、西欧化の波に翻弄されながらも絵を描き続けようとする、その執念と矜持を描く。
ひとめぼれ      
著者: 畠中/恵‖著 出版者: 文芸春秋 出版年: 2017.4
同心の養子となった吉五郎の様子がおかしいことを悟った、麻之助と町名主の清十郎。吉五郎には一葉という許嫁がいるのだが…。まんまことワールド第6弾。『オール読物』掲載を単行本化。
14歳からの哲学  考えるための教科書    
著者: 池田/晶子‖著 出版者: トランスビュー 出版年: 2003.3
今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」のための教科書。「言葉」「自分とは誰か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマで考えるきっかけを与える。